現役スロッターの初心者に特に見て欲しいパチスロ 攻略ブログ
「エウレカセブン」「銀河英雄伝説」など様々な機種に対応しています。

全国のスロットファンの為のパチスロ 攻略。
人気の機種「交響詩篇エウレカセブン」や「銀河英雄伝説」「ときめきメモリアル」「エヴァンゲリオン」など
多くのパチスロ実機に対応したお話をするパチスロ ブログです。

「無料のスロット攻略メールセミナー」  下記の項目を入力してボタンを押すだけで完了です。
メールアドレス:
名字(下のお名前は入力しなくて結構です):
Powered By ステップメールNEO

2009年12月11日

ホール(パチンコ店・スロット店)の選び方について(続き)

現役スロットマニア、モンモンです。
いつも当パチスロブログをお読み頂き、ありがとうございます。

では今日も、
読者の皆さんがスロットで勝つ為のパチスロ攻略や
必勝法をお伝えしていきたいと思います。

いつものようにランキングの応援も宜しくお願い致します。

ポチッと応援!

まだまだ順位が下位なので、悔しいです。
更新頑張るんで、クリックもお願いします。



では今日は
「ホールの選び方について」の続きをお話していきます。

1から読みたい方は、前回の記事をご覧下さい。


2:客付は半数〜7割程度がベスト

当たり前の話ですが、台が満席の場合、台を選ぶことができません。
したがって、高設定を掴む事は困難で、良い台を探すまで待つことにもなり、時間がかかってしまいます。



3:イベント・高設定の告知に嘘をつかない

ガセイベントや嘘の告知をしているホールは実は結構多いです。
我々はそんな情報の真偽を見抜き、ガセのイベントや嘘の告知をしているホールには、行かない様にしなくてはなりません。

告知されている設定が6でも、その真偽は店側しか分かりません。(設定判別法で推測することはできます)
ですので、店の信頼度をしっかりと見極めることが重要です。

例えば、設定6の高設定台の札が刺さっているのに、明らかに低設定台の挙動を示していたら、
その店は自体が要注意となります。
(嘘の告知をしている可能性があるからです)



4:客層のレベルが低い

客層のレベルが低いホールでは、設定をあまり気にせず運任せでスロットをしている人が多い為、
その人が良い台を掴んでいるにも関わらず、その事に気がついていない人がいるのです。
ですので、ある程度出玉を増やして時点で帰ってしまうか、台を移るお客さんが多いのです。


その様な客層のレベルが低いホールでは、高設定、お宝台をハイエナできる可能性が、必然的に高くなります。


しかし、いくら客層のレベルが低くても、
スロプロ(ここで言うスロプロとは、そのホールで勝っている人のことを指す)が全くいないホールは、
それはそれであまり良くはありません。


スロプロが全くいないホールという事は、店側が高設定を投入せず、ぼったくりすぎて客が飛んでいるか、
遠隔操作の噂などよくない噂がある店など、基本的に何らかのデメリットがあると考えていいのです。


あくまでも自己判断になりますが、何人かのスロプロと見える人がいたり、
あなたが打つ台(高設定台)も余っているホールを選んで打つようにしましょう。


それともう1つ、重要な見極め方法があります。


それはまた次回お話しする事にしましょう!
今回はここまで。

面白かった、為になったなら、
ポチッとお願いします。


次回のパチスロ ブログもどうかお楽しみに!


posted by モンモン at 00:28| Comment(0) | パチスロ 攻略 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

ホール(パチンコ店・スロット店)の選び方について


スロット大好き、モンモンです。
いつも当パチスロブログをお読み頂き、ありがとうございます。

では今日も、
読者の皆さんがスロットで勝つ為のパチスロ攻略や
必勝法をお伝えしていきたいと思います。

いつものようにランキングの応援も宜しくお願い致します。

ポチッと応援!

順位が上がると、ドンドンと裏話をしたくなっちゃいます(笑)



では本日は、「ホールの選び方について」お話しようと思います。
今日からのお話も非常に重要なお話ですので、よく読んで下さいね。


ホールを選ぶ上で絶対に外せない第一条件とは
『必ず高設定を入れている店』を選ぶ事です。

ホールは沢山あり、イベントによって高設定台を投入するホールや、
高設定台をほとんどいれないホールもあるからです。


基本的に、私の使う手法は高設定を見抜くノウハウを実践していますので、
はじめから高設定が入っていない店でノウハウを実践しても、
残念ながら高設定台を掴む事が出来ません。

したがって、このホール選びは絶対に間違えないように、
細心の注意を払って下さい。


ホール選び方は、次の1〜7までを参考にして選んで下さい。


1:台数ができるだけ多いスロット店を選ぶ。

台数ができるだけ多いスロット店を選ぶ理由は、
台数が多い店は1つの島に最低1台は高設定を投入している可能性が高いです。

また単純にお宝台が落ちている可能性が高いのです。

これは、優良店もぼったくり店(よほどの極悪店で無い限り)も
どちらにも言えることです。

店側は利益を確保する為に、高設定を入れた分、低設定も多く投入しています。

新装などのイベントによっては、すべて高設定という日も存在しますが、
低設定を多めに投入し稼動している場合、
高設定を数台投入しても店側の利益にさほど影響がありません。


この場合の高設定台は、いわゆる魅せ台(みせだい)というものです。


要するに、お店の出玉をお客さんにアピールする為に勝ち盛りが出来る台を数台設置しています。
1つの島に1台でも高設定があれば、あなたはその1台を狙えばいいわけなのです。

その台が埋まっている場合は、違う島を巡回し、
高設定台、お宝台を見つけます。

今日はその店に高設定台が空いていないと判断した場合は、
他の候補店も回って高設定台、お宝台を探していくのです。

地道な努力が必要ですが、無駄な負けを防ぐ為にも、必ず必要な事なのです。


今回はここまで。
次回のパチスロ ブログもどうかお楽しみに!



posted by モンモン at 21:13| Comment(0) | パチスロ 攻略 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

スロット機の確率の収束について

スロット野郎のモンモンです。
いつもパチスロブログをお読み頂き、ありがとうございます。

では今日も、
読者の皆さんがスロットで勝つ為のパチスロ攻略や
必勝法をお伝えしていきたいと思います。

どうか、いつものように応援宜しくお願い致します。

ポチッと応援!



では今日は「確率の収束について」をお話します。
ここも非常に重要なお話ですので、よく読んで下さいね。

よく確率の収束について、
間違えて考えていたり誤解している人がいますので、正しい知識を解説しておきます。


最初に「収束」とは
「サンプル数を多くこなせばこなす程、本来あるべき確率(決められた確率)に近づいていく」ということになります。


それではアナタに質問ですが、
例えば、ボーナス確率の同じ300分の1の台があるとします。

Aの台は「総回転G数 6000G
ボーナス確率 30回(200分の1)
現回転G数 30G」

Bの台は「総回転G数 6000G
ボーナス確率 15回(400分の1)
現回転G数 800G」です。


確率論的に、
この後どちらの方が早くボーナスを引けると思いますか?




考えてみて下さい。





答えは「確率的には全く同じ」です。

一見、B台の方がはまっている+本当の確率よりも出ていないのでB台の方が出そうな気がしますが、確率的には全く同じです。

つまり伝えたいことは「過去の結果から未来の出方は予測できないこと」
しかし「過去の結果から高設定は推測できる=高設定台を見抜ける」ということにもなります。

そして、高設定を打てば打つほど、
本来の高設定の確率通りの収支に近づいていきます。

よってトータルの収支でプラスにすることができるのです。

また、高設定(機械割が100パーセントを超える)を打ったG数を増やせば増やすほど、プラス収支の額は大きくなっていきます。


ここを間違えないようにしておきましょう。


この事を間違って覚えてしまうと後々の収支に大きく影響し、
痛い目をみてしまいますので注意です。


今回の攻略はここまでです。
次回のパチスロ ブログもどうかお楽しみに!


posted by モンモン at 15:32| Comment(0) | パチスロ 攻略 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。